コンサルティング

保育経営をサポートするコンサルティング

保育園は待機児童などの問題で、施設数の増加が求められています。

そして、保育事業の経営を目指す企業・個人も多く、保育事業の経営方法に注目が集まっています。

しかし、実際ただニーズに応じて保育園を開業・経営しても上手くいくわけではありません。

保育園へのニーズの高まりと共に、「保育の質の高さ」「サービスの良さ」などへの関心も高まっているからです。

そこで必要になるのが、保育の経営を専門とするコンサルティング会社です。

 

【経営サポート】

待機児童が多く、保育園のニーズが強い中、なぜ保育園の経営が上手くいかないのか?

それは、時代と共に経営に必要な能力が変わってきているからです。

事業の経営にとってまず大切なこと、それは

 

『経営戦略×経営戦術』『経営力』です。

 

経営力とは?

 

それは、施設のスタッフへのマネージメント力や運営費用に必要な会計力、マーケティングの分析力などです。

しかし、これらのスキル全てを経営者1人でこなすことは、負担が掛かりすぎ、手が届かなくなります。

ですが、それらをスタッフに全て任せることは不可能です。

なぜなら、施設のスタッフは保育のプロであり、『経営者』ではないからです。

私たちワイズウィングは、いくつもの保育施設をコンサルティングし、成功させた実績があります。

経験豊富な弊社が保育運営に必要なノウハウを提供し、事業主様の保育経営をサポートさせて頂きます。

 

専門のコンサルティング

保育事業のコンサルティング会社は、開業からのコンサルティングと、既存の施設に対してのコンサルティングがあります。

ワイズウィングのコンサルティングは、既存の保育園だけを対象に絞ることで、他社では出来ないない、成果を出すことが出来ます。

 

ワイスウィングのコンサルティング内容

 

・経営改善・改革活動支援

・経営戦略・保育理念の再構築、経営計画立案支援

・組織力向上と経営者、保育士の意識改革、人材教育支援

・保育のサービスの向上

・施設の宣伝力、イメージ戦略の向上